HOME > リフォーム・耐火木造

リフォーム

リフォームも大切な家づくりです

構研では新築と同じように、リフォームも大切な家づくりだと考えています。長年住み続ける中で、ライフスタイルは変化し、それに応じて家の中に変えたいところが出てくるのは当然のこと。その時に、これまで家族と一緒に思い出を刻んできた家を、さらに素敵によみがえらせるお手伝いをしたい、というのが私たちの願いです。

構研のリフォームは、みなさまにご安心いただくために、2 つの特徴を備えています。

リフォームイメージ

リクシル リフォームネット登録店

LIXIL リフォームネット

サッシから住宅設備まで、高級感あふれる総合建材メーカー LIXIL 製品。ワンランク上の住み心地を実現していただけます。

地域密着型の工務店

どんな小さなリフォームでも親身になってご相談に乗らせていただきます。何となく不便だけど、どこをリフォームしたらいいのかよく分からない・・・という方も、どうぞご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

事例 ~木のぬくもりが息づくわが家~


  • Diningroom

  • Kitchen

  • Entrance

  • Nursery

Attic

コメント
一番のこだわりは自然素材を生かし、光をふんだんに取り入れたこと。
ご家族と常に話し合い、試行錯誤しながらの増改築でしたが、苦労したかいがありました。
遊び心のあるロフトも大変喜ばれています。

ページトップに戻る▲

耐火木造

防火地域でも、木造3階建てや
延床面積100m²を超える家が建てられます。

2006年10月、日本住宅産業協会(木住協)は、建築基準法に基づく木造軸組工法による1時間耐火構造の国土交通大臣の認定を受けました。これにより、同工法による防火地域内での3~4階建て共同住宅などの木造住宅や特殊建築物、幼稚園、老人ホーム等の建築が可能になりました。当社では、社長をはじめ、設計担当者・現場管理担当者の全員が木住協の「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会」を受講し、SE構法を採用した木造耐火建築に取り組んでいます。

ご提案 01

SE構法による耐火構造だからお得です。

建築物の規模によって構造制限を受ける防火地域内では、工法による建築費の差は歴然です。鉄骨造や鉄筋コンクリート造では建物自体の重量が大きいため、基礎や杭・地盤改良といった工事に費用がかかりますが、SE構法による耐火構造では建物自体の重量が比較的軽量なため、コストを抑えることができます。

ご提案 03

「間取りの自由度」と「居住性の高さ」も魅力です。

SE構法のメリットは、ビルトインガレージや大空間、大開口といったご要望や様々な敷地条件に柔軟に対応できること。耐火構造であっても、SE構法ならではの「間取りの自由度」は変わりません。
また、SE構法による耐火構造は、構造材を耐火被覆するメンブレン工法です。外壁材を二重張りとし、天井・壁・床の使用材料も厚く重くなるため、準耐火構造と比較して、耐火性能だけでなく、断熱性能や遮音性能といった居住性も高まります。

ご提案 02

ページトップに戻る▲

資料請求やショールームのご見学、その他気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

メールからのお問い合わせはこちら

ページトップに戻る▲