HOME > 新築・狭小住宅

快適な暮らしに欠かせない建築・設計技術で、新築・リフォーム・建て替えのご要望にお応えします。

構研では、住宅の建築に木造最高クラスの性能を誇る『SE 構法』をはじめ、将来の間取り変更を簡素化できる『スケルトン & インフィル』など、快適な暮らしに欠かせない建築・設計技術を積極的に採用。お客様に「安心・安全」と「暮らしやすさ」を両立した住まいを提供できるよう努めております。

新築からリフォーム、建て替えまで、どのようなご要望にもお応えします。資金計画や住宅ローンに関するご相談、土地探しのサポートに関しても承っておりますので、「建築計画がまだしっかりと固まっていない」というお客様もどうぞお気軽にお問い合わせください。

新築住宅

あらゆる要素を考慮しながら、お客様一人ひとりの想いにお応えします

住宅を建てる際、誰もが「こんな家を建てたい」という想いがあるでしょう。
構研では、お客様一人ひとりの想いにお応えできるよう日々努めております。
住まい造りにおいてはデザイン性をはじめ、安心・安全につながる耐震性、ライフスタイルの変化にも対応できる柔軟性など、あらゆる要素を考慮。
また、“狭小住宅” の建築に際しては、狭さを魅力に変えるアイデアについてもご提案させていただきます。

「安全性」と「暮らしやすさ」を考慮した家づくり

心から満足できる住宅を建築するためには、様々な要素を踏まえて設計しなければなりません。特に、その中でも重要なのが「安全性」と「暮らしやすさ」です。
構研では、この 2 点をクリアできるよう『長期優良住宅』を標準仕様とした『スケルトン & インフィル』の家づくりに取り組んでいます。
住宅を新築する機会は、人生に何度もありません。こだわりのマイホームを建てたいお客様は、ぜひ当社までご相談ください。

高い安全性と資産価値を兼ね備えた「長期優良住宅」

2009年6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、住宅の資産価値を決める基準が明確になりました。
現在、高い安全性と資産価値を兼ね備えた住まいとして、長期優良住宅を希望される方も増えてきております。また、住宅ローンの控除額が増えることも、この流れを後押ししている要因のひとつです。
構研では、数々のメリットが見込める長期優良住宅を標準仕様として採用。2009 年の施行以前から安全性・耐震性の高い家づくりに取り組んでいた当社なら、コストを大きく上げることなく長期優良住宅を建てることが可能です。

将来の間取り変更を簡素化できる「スケルトン & インフィル」

家づくりで重要なのは、ご家族の将来を考えて住宅を設計すること。もちろん、耐久性の高い構造であることも大切ですが、それ以上に重要なのが「間取りの可変性」です。その理由は、お子様の成長や両親の高齢化などに伴う「ライフステージの変化」にあります。
ライフステージに合わせて暮らし方を柔軟に変えられる家――それが私たちのおすすめする『スケルトン & インフィル』の家です。スケルトン(構造躯体)とインフィル(間仕切り壁、設備など)を分けて設計しているため、構造躯体を変えることなく自由に間取りを変更することができます。一般的な在来木造工法とは異なる「SE 構法」を採用している当社ならではの設計方法です。

スケルトン & インフィル

ページトップに戻る▲

狭小住宅

狭い敷地で快適に暮らすためのアイデアをご提案いたします

土地の価格が高い都市部で注目を集めている「狭小住宅」ですが、狭い敷地でも快適に暮らせる家を建てるためには、ノウハウや技術力が必要です。
特に、間口が狭くて奥行きの長い敷地では、耐震上の問題で柱や耐力壁を増やす必要があり、一般的な在来木造工法では満足のいくプランニングができないケースも少なくありません。

その点、住宅の建築に「SE 構法」を採用している当社では、狭小住宅ならではの問題を解決することが可能です。ビルトインガレージや屋上ルーフバルコニー、開放的な吹き抜け空間など、お客様のご要望に合わせて様々なアイデアをご提案いたしますので、「狭小地では希望の家は建てられないかも…」とお悩みの方もどうぞお気軽にご相談ください。

ご提案 01

ビルトインガレージで、愛車の駐車スペースを確保

狭小地において、庭や駐車スペースを確保するのは難しいもの。1階部分をビルトインガレージにしようとしても、一般的な在来木造工法では耐震上の問題で開口部が大きくとれないため、プランニングが難航してしまいがちです。しかし、SE構法で住宅を建築している当社なら問題ありません。耐震性を確保した上で、雨に濡れずに乗り降りできるビルトインガレージをつくることが可能です。「狭小地でも愛車の駐車スペースは確保したい」「大切な愛車を屋内に保管しておきたい」という方はぜひ当社にご相談ください。

ご提案 01

ご提案 02

庭のある暮らしを実現する、屋上ルーフバルコニー

いつの時代も根強い人気を誇る「庭付き一戸建て」。しかし、都市部の狭い敷地では庭にスペースを割けないケースがほとんどです。「都市部で庭付きは諦めた…」という方も多いのではないでしょうか。こうした皆様におすすめなのが「屋上ルーフバルコニー」です。一般的な在来木造工法とは違い、屋上にかかる荷重などもしっかりと構造計算を行う「SE構法」なので、耐震性が不安という方もご安心ください。屋根のない開放的な空間を利用して、みんなでバーベキューを楽しんだり、夜空の星を見上げながらビールを飲んだり――。屋上に庭のある住まいなら、毎日の暮らしもより充実したものになるでしょう。

ご提案 02

ご提案 03

パッシブ設計で、光と風を感じられる空間に

狭小住宅の建築には、限りのある敷地を最大限に活かすプランニングのアイデアが欠かせません。特に、周辺環境や土地の特性を踏まえて光や風をどう取り入れるかは、設計者の腕が試されるところです。構研では、敷地の状況(風の向き、太陽の方位、隣地環境など)を細かく調査した上で、お客様のライフスタイルを踏まえながらゾーニングを計画。ご要望に応じて、室内に開放的な吹き抜け空間をつくることも可能です。都市部でも自然の光と風を感じられる当社のパッシブ設計は、多くのお客様からご好評をいただいております。

ご提案 03

信頼の施工管理

直接施工による現場管理

私たち構研は技術の会社です。
ですから、現場管理にはとてもこだわりを持っています。大手ハウスメーカーのような大量生産で下請け任せの施工はせず、直接施工の職人を使いながら、1軒1 軒丁寧に手作り感のある仕事をさせていただいています。

現場状況をWEBにて公開

メーカーの既製品ではなく、お施主様のこだわりにフィットした仕上げをするためにも、このような施工体制が必要になるのだと思います。
また、WEB上にも施工現場日記として定期的に公開することで、遠方にいてもその現場状況を確認することが可能となります。

ページトップに戻る▲

資料請求やショールームのご見学、その他気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

メールからのお問い合わせはこちら

ページトップに戻る▲